過敏性腸症候群のある生活

15年間(継続中)下痢に悩まされてるから、どうにか過敏性腸症候群を治せないかと戦ってる

過敏性腸症候群と呑気症

今日は呑気症について少し。



皆さん「呑気症」ってご存知ですか?
私は知りませんでした。

そもそも何て読むの?ってぐらいですからね。読み方は「のんき」です。

日々ノンキで良いな、あんた。ってのと一緒。


f:id:kusabii:20170619140940j:plain
この猫もノンキにアクビなんてしちゃって。


この呑気症と過敏性腸症候群と一体どういった関係があるの?って話ですけど、過敏性腸症候群にも種類があります。
過敏性腸症候群には、どんなタイプがあるの? - 過敏性腸症候群のある生活
こちらにも書かせて頂きました。



過敏性腸症候群、ガス型との結び付きが強いのが呑気症であります。

だから呑気症って何やねん?って事ですよね、説明しますね。


呑気症とは空気を飲む事
簡単に言うたらこうですね。


オナラの元って何?
ガスですよね、腸内で発生したガスがオナラとして体外に出る。

けどオナラの原因って腸内で発生したガスだけでしょうか?
ここで先ほどから言うてる、呑気症が関係します。

と言うのも呑気症は空気を飲み込んでしまう事で自らオナラの元を作ってるのです。

つまり、空気でオナラを製造しております。


ちょっとショックでしょ


じー何故空気も飲み込んでしまうのか?
無意識

空気を飲み込む事、実は無意識なんです。
唾を飲み込む際に空気も飲み込んでしまう、もしくは奥歯を噛み締めてしまう。

これらを無意識で行う事によってお腹が張る。


ショックですよね、治しようがないじゃないかと思いますよね。


無意識なので治すのは容易ではないと思いますが、普段の姿勢を見直してみてはどうでしょうか?


猫背の人は背筋を伸ばす事を少し意識するだけで改善されたりもしますし、唾飲み込む時も意識してみたり、できる事って小さな事の積み重ねやと思うんで普段の生活の見直しをおすすめします。




それでもどうしてとお腹が張るんやって人はガスピタン等の薬に頼っても良いと思います。




おわり