うんちょこびっち

私を悩ませるこの過敏性腸症候群を治したい

過敏性腸症候群と筋弛緩法

過敏性腸症候群って何なん?
って事を考えながら今回のブログを更新してるんやけどさ


結局のところ
「ストレス」と「緊張」やでな

ストレスに関しては各自思う事あると思うんやわ

仕事、家庭、自分に対して、渋滞、満員電車、周りの騒音、雑音、生活環境、境遇、こればっかりは何とも言えん。

言えるとすればストレスの元を断とうって事だけかな





今回は緊張の話やったからストレスについてはまた今度話すとして

そう、今回のお題は「緊張」

皆さんは緊張状態をどのように打開しておりますか?

良く言うのが
「手のひらに人を3回書いて食べてたら良い」って言いますよね

あれに何の効果があるのか私には分かりかねます。



緊張を解すのに良い方法があります
それが筋弛緩法
ご存知ですか?

スポーツ選手は取り入れてると思うんですけど、知ってます?



「やり方」
自ら筋肉を強張らせて一気に緩める

これだけです。
両肩を上げて僧帽筋を凝縮させる
スッと力を抜く

肩を上げて、強張らせて、力抜いて下ろす

これだけでリラックスできますよ。


僧帽筋に力入れて」とは言いましたが別にサイヤ人の如く、全身に力入れてもかまわないですよ。
f:id:kusabii:20170607164648j:plain



ようは力入れて緩める
これが大事なんです。




昔、小学生の頃
給食当番で牛乳瓶運んでたんですよ

重たくて重たくて何度か割ったんですけどねw

あの大量の牛乳瓶を置いた時に
「腕がふわ~っと浮く感覚」に陥ってですね

「うわ、気持ち悪っ」って思ってたのを思い出しました。

リラックスと言う観点とは全く関係のない話かも知れないですが、書いてる今思い出したので書いてる次第です。




緊張してるのなら、より一層の緊張状態を自ら作って、最後緩める

これだけで緊張も少しはマシになるのではないでしょうか。



おわり