うんちょこびっち

15年間、私を悩ませるこの過敏性腸症候群を治したい

過敏性腸症候群に対する皆様の理解度

皆様は過敏性腸症候群の方に対して、どれだけのご理解があるのでしょうか?

ネプチューンがこんな歌を歌っていました、日本人は胃腸が弱い
f:id:kusabii:20170605163220j:plain

知ってますか?

知ってたら過敏性腸症候群か、万年下痢してるか、ネプチューンマニアのどれかですね



そうなんです、歌になるぐらい胃腸弱いのが日本人であって、もはや国民病なんじゃね?って話ですが、
皆様は胃腸が弱い事に対して、下痢、便秘、過敏性腸症候群に対してどれぐらい理解してますか?


ここから過敏性腸症候群について少し話していこうと思います。


只の下痢と思う事なかれ

過敏性腸症候群は只の下痢ではごさいません。
下痢界でのエリート中のエリート、スーパーエリートでございます。

この方の何が凄いかと申しますと


「渋滞にハマった瞬間、下痢になります」
さっきまで全く便意がなかったのにも関わらず、渋滞のブレーキランプ軍団を見た瞬間下痢になります。恐ろしいでしょ


「出発前になると急に便意を催す」
出発前の準備段階でトイレに籠るも出ず
出発時に強烈な便意を生じる


「誰かがトイレに入ったら自分も催す」
トイレに行けなくなる状況になると催します。
それは自宅でも何処でも。


「ご飯食べたら催す」
一般的に食事したら「胃、大腸反射」と言うのが起こるので、食べたら催すは正しいんですけど、過敏性腸症候群の患者は我慢が出来ず、すぐに出る。


「出したら静まる」
普通は一度排便をすると治まります。
しかし私の場合は3回、4回と結構な量が出てもまだ静まらない。
一度出てもその後また催します、時間差で同じ量の攻撃をしてくるのです。


「とりあえず我慢できない」
結構漏らすんですよ。
我慢できないんで仕方ないですよね。
肛門括約筋に思いっきり力入れて、便意の波が静まるのを脂汗かきながら耐えても堪えても出てしまう時がある。
仕方ないですよね。病気なんだから



ここまでザックリ過敏性腸症候群の事を書きましたが、少しでも御理解頂けましたでしょうか?

ちなみにこれは超ザックリとした説明でして、省略した事は沢山ございます。



過敏性腸症候群の共通点がですね
下痢、ストレス、トイレに行けない状況、我慢できない速効性これらがあげられます。


いや、説明はしょり過ぎて雑やから分からんって人は下のWikipediaから引用したのをご覧ください

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、英語:Irritable Bowel Syndrome、略称:IBS)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。 検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる。

だそうです。
引用元 Wikipedia




私達過敏性腸症候群の患者は、一生懸命、一生懸命健気に耐えてるのです、我慢に我慢して耐えておるのです。

どうか温かい目で、どうか優しい心遣いで大丈夫か?トイレ行きたかったら行ってきてよ等の声掛けがあれば非常に助かります。


皆分かっておるのです
会議中やトイレに行って良い訳がない
良い歳した大人が漏らすとかあってはならぬ

分かってるのです、重々理解しておるのです、だからこそ気にかけて頂きたく思います。

従業員が、部下がトイレに行っても怒らないで欲しいです。

宜しくお願い致します。



サボりの場合は厳しい処罰をお与え下さい